ニキビ跡を治すために効果的にスキンケア化粧品を使おう

ニキビ跡の悩みは、ニキビができない人からすると想像もつかないくらい位大きなコンプレックスでしょう。しかもニキビ跡ができる人は、ニキビ跡の前に、ニキビで相当悩み、そこに追い打ちをかけるかのようにニキビ跡の悩みがあります。

 

お化粧して、ファンデーションで隠そうとしても逆に汚くなってしまうし・・・

 

どうして私だけこんな肌質なの?遺伝のせい?

 

ニキビ跡化粧水

 

なんて思ったことはありませんか?

 

でもそんな後ろ向きなことばかり言っても肌が綺麗になるわけではないですから、これからどう治していくかが大切です。

 

私自身、学生の頃から長い間ニキビに悩まされてきたので、ニキビやニキビ跡でお悩みの方の気持ちはよくわかります。こちらでは、ニキビ跡にお悩みの方にニキビ跡が薄くなる効果が期待できるスキンケア化粧品をご紹介しています。

ニキビ跡の種類について,自分はどのタイプかまずは知ることから

ニキビ跡には【赤み】【シミ(色素沈着)】【クレーター】などがあります

  • 赤み
  • ターンオーバーの乱れや毛細血管が痛んでることが原因。このタイプにはビタミンC誘導体入りの化粧水イオン導入化粧水、保湿が改善に期待できます。ニキビ跡の中でも軽度と言えます。

  • シミ
  • 毛細血管が内出血を起こすことで赤紫や紫色に。茶色や黒色になってしまうのは、肌を守るためにメラニンが発生し、色素沈着を起こしてしまうため。このタイプには色素沈着やシミに効果的な成分が配合されて化粧水がシミの排出を促進します。

  • クレーター
  •  

 

絶対に治らないニキビ跡というのはないのですが、改善するまでの時間が変わってきます。ものによっては自然治癒までに数年かかります。肌の構造としては見えている表皮の中に真皮とさらにその下に皮下組織があります。そして、どの層まで傷ついているかによって改善までの時間が大幅に変わってくるということになります。

 

ニキビ跡化粧水

 

自宅で可能なスキンケアで綺麗にできるニキビ跡の種類は【赤み】【シミ】です。

 

赤みとシミはぱっと見で程度がわかりにくいですが、クレーターに関しては深く傷ついているかどうかがクレーターの深さによって判断できます。穴が深い場合は確実に真皮層まで傷ついているので、代謝(ターンオーバー)によって改善するのも年数が掛かりすぎ、治る前に人生が終わってしまうという感じでしょう。

 

この状況になっている有名人はよくテレビでも見かけますが、ネタにしているので多くの人が知っているでしょう。深く傷つていて明らかにニキビ跡の改善が難しそうな場合は専門的な治療が必要です。

ニキビ跡の改善効果が見込める口コミでも評価が高い基礎化粧品

ニキビ跡を治す

パルクレール美容液のポイント

  • 高濃度配合のW有効成分
  • 高性能成分プラセンタとグリチルリチン酸ジカリウムを配合しています。プラセンタは美白効果に優れており、美容成分として有能であることはご存知の方も多いでしょう。グリチルリチン酸ジカリウムに関しては、ニキビを防ぎ肌を殺菌してくれる作用があります。ニキビをできなくし、尚且つ美白効果でニキビ痕を軽減してくれます。

  • 厳選した3種類の高品質ヒアルロン酸
  • ヒアルロン酸Na・アセチル化ヒアルロン酸・加水分解ヒアルロン酸の3つを配合し、肌の保湿と保護効果を与えてくれます。

  • たっぷりの美容成分を配合
  • ローズマリーやカモミラエキスなどの美容成分をたっぷり配合することでより肌をキレイにしてくれます。

  • 徹底した品質管理
  • 厚生労働省の基準に合わせ、しっかり管理した中で製造されています。

  • パルクレールカラーコントロール
  • ニキビケアをしっかりしながら、ニキビ痕を隠してくれるカラーコントロールも人気です。ニキビ跡を目立たなくさせようとすると、どうしてもコンシーラーを使用してしまいますが、それは肌にとって負担になってしまうことも多いですよね。しかし、このパルクレールからコントロールは、日中もケアできるので安心して使用できますし、サッと塗るだけでしっかりカバーすることができます。

パルクレール美容液の口コミ

私は、ドラッグストアーの化粧品コーナーの担当をしています。顔にニキビが出来やすいタイプで、ニキビが出来ている私がニキビに良い商品を、お客様に薦めても説得力が無いので、ニキビが出来ないように毎日真剣でした。ベストな美容液は何だろうかと日々探していたら、職場の同僚からパルクレール美容液を勧められました。調べてみると、肌がずっとすこやかな状態になれるようにサポートしてくれるし、敏感肌でも保湿をしてくれるので、期待が出来ると思い購入してみました。また、このパルクレール美容液は、ニキビ跡をケアしてくれると言うので、私のようにニキビ跡がある人にはピッタリだと思いました。

 

使い心地は、プッシュ式になっていて衛生面に神経質な私には満足です。美容液という事なので、化粧水のイメージだったのですが、トロトロ感のあるテクスチャーでした。

 

肌につけると、高濃度の美容液成分が肌の奥の方まで浸透していく感じで、肌に良い影響を与えてくれそうな気分です。オールインワンなので保湿をする必要もなくて楽です。後は、ぐっすり寝るだけでニキビの心配をしなくて良いので心が楽になりました。パルクレール美容液のニキビケア作用もしっかり働いていると実感があり、赤みを薄めてくれてるし、凸凹やクレーターなども目立たなくしてくれました。さらに肌がスベスベになっていて、とても嬉しいです。 

ニキビ跡のタイプ別有効な対処法について

【赤みが残る】ニキビ跡について
ニキビ跡の中でも赤みが残るタイプは、ニキビが炎症を起こして、赤みが出た後に、ニキビがほとんど治っているのに赤みだけが残ってしまうものです。その赤みは場合によっては数年〜10年残ることもあります。なるべく早く赤みが残るニキビ跡を治すためにはビタミンC誘導体の化粧水やイオン導入が効果的です。

 

【シミが残る】ニキビ跡について
ニキビ跡の中でもシミが残るタイプは、炎症性色素沈着によるものです。何年もかけて消えることもあれば、そのままシミが消えずに残ってしまうこともあります。日焼けするとさらに消えにくくなるため紫外線対策は必須です。

 

さらに、美白化粧品も有効ですが専門医によるピーリングを受けることで治りが早くなることが多いです。

 

【クレーター状になる】ニキビ跡について
クレーター状になると自分で行うスキンケアでの改善は難しくなります。美容皮膚科などで、相談するのをおすすめします。ピーリングやレチノイン酸の塗り薬、各種レーザーを使用した治療などが効果を上げています。予算はだいたい10万円ほどでしょう。

 

ニキビは決してつぶしてはいけない!つぶすと跡に残るという説もありますが、場合によっては潰したほうがはやく治るケースもあります。その際、つぶし方に注意する必要があります。

 

お風呂上りや、蒸しタオルで温め、肌が柔らかくなった時に行います。ドラッグストアなどで販売されているコメドプッシャーと呼ばれる専用機具、あるいは綿棒2本で優しく押し出してみましょう。

 

うまく出ないからと無理やり押し出すのは厳禁です。

 

その場合は、皮膚科でも押し出しの処置をしてくれるところもあるので相談してみてください。ただし、赤く腫れて炎症を起こしているようなニキビには決して行わないでください。

美容皮膚科や専門のサロンで行うニキビ跡ケアについて

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングは皮膚の表面の角質や皮脂を取ることによって、肌の新陳代謝を高めるという方法になります。

フラクショナルレーザーとは

フラクショナルレーザーもケミカルピーリングに似たようなアプローチなのですが、レーザーを当てるという違いがあります。レーザーの場合は汚れを落とすというよりは、肌の奥に多少の傷をつけるというのがあります。傷と言っても痛みがあるほどではないのですが、これによって代謝が促進されます。人間は怪我をした際にはその部分の代謝を高めて皮膚を再生するという機能が働きます。なので、顔の肌に傷をつけると代謝を高めてその傷を治そうと体は働くのです。

 

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルはフラクショナルレーザーにかなり近いのですが、フォトフェイシャルの場合は肌に火傷を負わせます。ここからの原理はフラクショナルレーザーとまったく同じで、傷を修復しようとする体の機能を利用し、その傷の修復と一緒にニキビ跡を改善しようというものになります。傷がついて変に修復している部分に対して、もう一回傷を負わせることで綺麗な状態に再生しようとしているのです。これはかなり合理的な手段です。

ニキビ跡改善のための3つの生活習慣とは

毎日6時間以上は睡眠時間を確保しましょう

ニキビ跡改善にもそうですが、ニキビ自体をできにくくする体質作りとして、睡眠時間の確保は欠かせません。睡眠が不足すると肌の免疫機能が低下します。

 

ニキビができる理由の一つとしてホルモンバランスの乱れもかかわっています。ホルモンバランスを整えるには規則正しい生活は欠かせません。では1日6時間以上寝ることさえすれば夜中に寝てお昼に起きてもいいのかといえばそうではなく、体内時計が狂うと肌再生にかかわる成長ホルモンの分泌にも悪影響を及ぼすため、なるべく、毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きるといったリズム作りが重要です。

 

ニキビを作らない栄養素をたっぷり摂りましょう

色素沈着を防ぐ栄養素ビタミンEは血流改善に◎。血流を改善することで角化異常や色素沈着を防ぐのに効果的です。あと、ニキビをできにくくする栄養素としては、ビタミンB1、B2、食物繊維など。積極的に摂りましょう。

 

油分を控えたスキンケア、化粧品

アクネ菌は、油を栄養として繁殖しますので、油分の多い化粧品はニキビ悪化につながってしまうことがあります。かといって、化粧水しかつけないというのは乾燥を招き、角質が硬く厚くなってしまいかえって毛穴をふさいでしまうため、肌を柔らかく保つことが大切です。ニキビ予防、ニキビ跡には、ビタミンCを肌に浸透しやすくしたビタミンC誘導体入りの基礎化粧品がおすすめです。